夜。森の中には廃棄され老朽化したキャビン。隅にはクモの巣、床にはほこり、荒れ果てた家具、そして...誰一人生きている人間はいません。見た目にはこの家は長い間使われていないようです。しかし、本当にそうなのでしょうか?ここで起こっていることを理解しようとしますが、理解できることは1つだけです。-この家からは簡単に出られないということ。周りを見渡すと、ドアと窓は閉じられており、電気はなく、ろうそくの今にも消えかけそうな揺らめく炎かろうじて暗い部屋を照らしています。ゾッとしながら、あなたは罠にはまっていることに気づきます。ろうそくの薄明かりに誰かのシルエットが光ります...それとも光のトリックだったのでしょうか?あなたは恐怖を乗り越え、この暗闇の中の秘密を解明する準備ができていますか?

ギャラリー